ギャンブルが好きな彼氏

86a7ddef590ee7eb94a0d5298cdf85b8_s

現在34歳、女性です。

23歳の頃から5年間同棲していた彼氏がギャンブル好きでした。

付き合ってからギャンブル好きだということを知りました。

はじめは趣味程度だったので、私も特に気にすることなく同棲を始めました。

一緒に暮らしてからの生活費は半々でした。

自分が働いてもらった給料の使い方は自由ですが、生活が苦しくなってもギャンブル好きは変わらず…同棲していることで、生活費に困っても彼は私がなんとかしてくれると思っていました。

彼は私の3歳年上でしたが、年上らしい所は一切なく、ギャンブルにお金を使い過ぎてしまって生活費が苦しくなると私にお金を貸してほしいと言うようになりました。

私も給料が良い仕事をしていたわけではないので貸すことはできませんでした。生活費が払えなくなってしまうからです。

そのうち彼が私にお金を貸してほしいと言わなくなりました。それでもギャンブル好きは変わっていないので、儲けているのかな…と思っていました。

ある日、キャッシングの明細を見つけてしまいました…彼は借金をしてまでギャンブルしていたのです。

呆れた私は彼に問い詰めると、あっさりと認め、謝ってきました。それでもギャンブルを辞めないのでうんざりしてしまい、彼を家から追い出しました。別れて良かったと思っています。

私が初めて楽器を買った話

682c3177ddae1c30d51a5bbc3ed18f44_s

今からちょうど10年前、苦心の末お金を借り楽器を購入したお話です。

当時の私は大学に入学し、どんなサークルに入ろうか悩んでいました。 これはまでは中学・高校と運動系の部活動に所属していたため、サークルも運動系を中心に探していました。

そんな中、音楽活動をしているというサークルに偶然話しかけられました。

運動系以外は微塵も考えていませんでしたが、熱烈な勧誘を受けてしまい、その後すぐにあるという演奏会や飲み会に参加。そのまま半ば勢いに任せその音楽サークルに入ってしまいました。

私はマンドリンという楽器を演奏することになりましたが、音楽とは全くの無縁であったため、毎回新しいことをやる度に四苦八苦。初めのうちは譜面を読むことすらままなりませんでした。

ところが、未経験者・初心者OKを謳っていたということもあり、先輩の丁寧な指導のもと上達し、段々と楽器を演奏することが好きになっていきました。

しかし、この時の私はまだ肝心なことに気が付いていなかったのです・・・。 音楽サークルに入り半年が過ぎようとしたある日、私たち1年生は行き先不明のまま先輩に連れられ出かけることになりました。着いたのは都心の大きな楽器屋でした。 そこで先輩に言われたのが、「そろそろ自分の楽器を持とう!」ということでした。

確かにこれまではサークルにある貸出用の楽器で演奏していたため、そろそろ自分の楽器が欲しいという気持ちはありました。反面アルバイトもしていなかった私は、自分の財布との相談がありました。

しかし、次に先輩の発した言葉で私は一気に凍り付きました。 「うちのサークルはみんな30万円以上の楽器を買ってるんだ。だからみんなも最低でも30万円以上ね。」 周囲はざわめき、私の頭も真っ白になりました。

銀行の貯金を全て合わせても10万円ちょっと…とても買えるような状況ではありませんでした。幸いにも今すぐにという訳ではないようで、冬のイベントの前までには購入するようにとのことでした。 私は悩みました。短期間で30万円を自力で捻出することはまずできない。しかし、私だけ買わずしてサークルを続けるなんてことは許されないであろう。

悩んだ末、その日の夜に両親に交渉することにしました。 結果は聞く以前に予想済みでしたがノーでした。そもそも音楽サークルに入ると言った時も反対があったぐらいですから当然の結果でした。

言い分は、「どうせ飽きて辞めてしまうだろう」「実力もないのに高いものを買っても使いこなせないだろう」というものでした。軽く喧嘩にもなりましたが、それでも返事は変わりませんでした。

翌日、私は決心しました。実際に両親の前で演奏して自分がいかに真剣に音楽サークルの活動を続けたいかを証明するということを。

朝1限の授業が始める前にサークルの練習室へ通い、サークル活動終了後も練習室に残り黙々と練習をしました。 イベントの演奏と並行して練習しなければならず、初心者の私にとっては非常に大変なものでした。

1か月後。両親をリビングに招集し、自分がどれだけ本気でサークル活動をしているか、今後も続けたいのかを再び話しました。しかし、それでも以前と返事は変わりませんでした。

そこで私は最後の手段を取ることにしました。「今から演奏するからそこに座って待ってて」と言い、部屋から借りてきた楽器を持ち出しできました。 父親のあの時の間抜けな顔は今でも覚えています。 演奏した曲は両親の好きなサザンオールスターズのメドレー。決心したあの日からひたすら練習した譜面です。緊張もあり、少々うまく弾けなかった場面もありましたが、自分の中では上々の結果でした。

暫く沈黙があり、父親が「分かった」と一言。「今回だけは貸してやる」と言葉が続いたときは本当に嬉しくて涙が出そうになりました。 結果、両親から30万円を借りることができ、大学在学中の4年間、音楽サークルを続けることができました。

借りた後はすぐにバイトを始め、返済をしましたが、あの時貸してくれた両親には今でも感謝しています。

いざと言う時に頼りになる存在

514cfe4ed9e5cc39b2599641e7509db2_s

大学時代、どうしても彼女に告白したく、クリスマスの夜に彼女が大好きな「バーバリーのマフラー」をプレゼントに考えていました。

そんなときに、肝心なお金がなく、借りるあても正直ありませんでした。大学のサークル仲間で、とても仲のよい友人に、「どうしてもお金が必要なんだ、何とか貸してくれないか?」と言いました。その友人は「お前なら貸してやるよ。大切な友人が困っているのを、見て見ぬふりはできないよ。」と言ってくれ、僕にそっと「3万円」を貸してくれました。

その友人の家計はとても貧しく、兄弟が5人いて友人は長男でした。親に「お前に学費を払えるお金はどこにもない。」といわれ続け、自分の夢である「恵まれない国に行って、生きる喜びを与えたい。」という夢を実現したく、国際関係学部がある大学に進学したいと考えていました。

どうしても大学入学費用が工面できず、奨学金を借り、また、バイトを必死にやり、何とか大学入学を果たしました。その後の彼はとても勉強熱心で、本気になって夢を実現したいという熱意が身近にいてとても感じ、みんなの模範となる人間でした。そんな友人が僕にお金を貸してくれた翌日、車を運転していて歩道から飛び出してきた子供を避けようと、反対車線に飛び出し、対向車と正面衝突し、亡くなりました。

僕はあまりのショックでしばらく涙が止まらず無気力になり、彼からもらった3万円を使うことができませんでした。それを彼女に伝えたら「彼のために使って」と言ってくれました。

あれから数十年がたち、彼からもらった3万円は、今でも自分の大事な宝物として持っています。僕の大切な友人へ、今会うことができたら「本当にありがとう」と言いたいです。

人生初めて買った高額な物

借金

私は、20歳の時に免許証を取りました。

翌年、人生初めてローンを組んで車を買いました。元々車が大好きでこだわりがあってので背伸びをして外車のAUDIのA4シリーズをかいました。

始めは、乗るのが嬉しく運転するのも楽しく毎日暇があれば乗っていました。 今まで行ったことのない所など行動範囲もとても広がり毎日が華でした。 だんだん物足りなくなり、足回りを触り出したりと財布が車のためにとなってきました。

もちろん女という事もあり洋服、化粧品、友達とランチなど他にもお金を使うようりなりローンで借りたお金プラス身だしなみのお金と日に日にお金に余裕がなくなってきました。 車はどうしても手放したくない、身だしなみの変えれないとなり仕事を増やすようになり、朝晩働くようになりました。

維持できても貯金ができなくなり、泣く泣く1年半愛用していた車を乗り知り合いに購入額の三分の一で買取してもらいました。約半年後に車が必要地域に引越しをする為に軽をローンなしで一括で購入しました。AUDIの車は無いけどローンだけ残るという生活をしています。物は手元に無いけれど、ローンだけ残るというには結構嫌な支払いです。お金を借りるにな長い目で見て借りるのもだと思いました。

ギリギリの家計、さらにカードの支払いが厳しいです。

6fe593c79ebae1f4187fed87de01d8ac_s

僕は32歳の男性、建築業に就いています。

結婚して妻と2人の子供がいて、賃貸のアパートに家族4人で生活しています。

年収は僕が400万で妻がパートで100万程あります。

やはり毎日の生活を送る上で出費も多く、毎月の支払いには本当に苦労しています。

支払いの内訳をザックリと挙げてみますと‥。

家賃(駐車場込み) ¥70,000

水道光熱費 ¥20,000

食費 ¥30,000

夫婦の携帯料金 ¥15,000

車のローン ¥20,000

僕の通勤費 ¥10,000

子供の養育費 +α

といった感じです。

これだけでもかなり家計は火の車なんですが、それに加えてクレジットカードの支払いが毎月¥50,000程あるんです。

クレジットカードのローンは、妻が毎月の生活費の足しにカードを使用し、少しずつ増えていったもので、総額で100万ほど残っている状態です。

僕としては、やはりこのカードの支払いが一番厄介でなんとかしたいところでは

あるんですが、毎日の生活だけでもギリギリでローン返済すらままならないというのが今の状況です。

更に来年には長女が高校受験を控えていて、学費を払わなければならなくなります。

僕は現在、毎日の昼食代¥300以外に小遣いは貰っていません。

もう少し、妻のネイル代とマツエク代、その他美容代あたりをなんとかして欲しいんですけどね‥。

車を買うときは毎回ローンを組んでいます

僕は32歳の男性、建築業を営んでいます。

僕は今までに、4回車を購入して乗り換えています。
まとまった金銭も持ち合わせていないので、購入時はいずれもローンを組んで支払いをしています。

どれもオリコの自動車ローンを利用させていただき、支払いをしています。
オリコは比較的金利が安く、審査も通りやすいと聞いたからです。

初めて車を購入したのは、19歳の頃でした。
ニッサンのシルビアを中古で購入したんです。
当時は、僕がまだ若く年収も少ないという理由で支払い能力が低く、審査が通りませんでした。
結局は、父の名義でローンを組むことになったんです。

次に車を乗り換えた時は23歳の頃です。
その時は、なんとか審査は通ったのですが、保証人を立てることが必須との事でした。
結局はその時も父にお願いして、保証人の欄に名前を書いてもらいました。

それから28歳、30歳と車を乗り換える際にもローンを組んでいるんですが、その頃には年齢も収入も上がり、保証人もなくすんなり審査が通るようになりました。

車を買い換える前に、毎回しっかりローンの返済をきっちり済ませていますので、それにより実績が認められた事が、審査が通るようになった何よりもの理由だと思います。

どうしても独り暮らしがしたくて親から借りた50万円

私は、現在42歳で会社員をしている男性です。私が学生時代に一度だけ親から借金をした話です。大学に合格はしたものの、自宅から大学までは朝ですと、2時間30分で到着します。ところが、大学の授業が終わり帰宅するには、3時間30分もかかります。往復で6時間です。それも、新幹線で通勤するサラリーマンと異なり、普通の電車を多いと4回も乗り換えが必要です。毎朝6時には家を出る必要がありますし、帰宅するのは、20時です。そこから、授業で出された課題を勉強したりするので、睡眠時間は5時間もなかったです。休日はアルバイトをしていたので、遊ぶ時間もなかったです。そんな遠い大学にしか合格できなかった自分が悪いのですが、あまりにしんどいので、独り暮らしがしたいと親にお願いして、引越費用や家具類の購入や初期の家賃代を含めて50万円を借りたのです。親は素直に貸してはくれましたが、いざ、独り暮らしをしてからは、学費も含めて全て自分で支払う必要があったので、通学時間は5分になりましたが、代わりにアルバイトの労働時間が増えて、週6日働かないと生活も出来ないし、親からの借金も返せない状況です。それでも、借金をしてまで独り暮らしが学生時代に経験できたのは宝です。生活はギリギリでしたし、たまには友人からもお金を借金することもありましたが、友人に対しても、親から借りた50万円も卒業までにはしっかりと返済できたのです。

銀行のカードローンって便利なんだ

銀行はお金に関するエキスパートだけどかしこまっていてお硬いイメージがどうしてもあります。私は世間一般の人がお金を借りるっていえば消費者金融とかクレジットカードのキャッシング枠がほとんどだと思っていました。でも、銀行でも企業とかじゃなくて普通の人でもお金借りやすいものだと最近知りました。
銀行のカードローンというものの存在と仕組みを知らなかったからです。

しかも、銀行のカードローンって学生やアルバイト、専業主婦でも借りることができて、使用用途は自由っていうものが多いというのだからびっくり。収入がなくても借りられるっていうのはスゴイですよねぇ。
銀行には住宅ローンとかマイカーローンとか、もしくは会社などが運転資金を借りるためのローン商品が多いイメージでしたけど、そうでもないんですね。

いますぐお金が必要だけど、旦那には言えないしどうしよう…。なんて時は味方になってくれます。
銀行カードローンも、最近では専用のカードを発行するのでなく、キャッシュカードに付与したりすることもあるようですね。それならカードローン用のカードを見られて旦那にバレるっていう危険性を減らせそうです。

普通に仕事をしてる人から比べたら、学生やバイト生活の人や専業主婦っていうのはそれだけで審査において不利だから、より貸りやすい銀行を見極めて申し込むって言うのは大事なのでしょう。
日常生活でお金に困ることがまったくないって人はよっぽど富裕層だけではないでしょうか。一般庶民はどこかしらでお金に困るってシーンはあるはずです。
貯蓄がないとか、お金に困るのはみっともないとか、そういうイメージってどうしても拭えないですけど、出費がすごい重なってしまったとか突然家電が壊れてとか、衝動買いしてしまったとか、借金を肩代わりをすることになったとか色々理由はあると思います。
そうした時に、お金を借りられるところがどこかというのを知っておくだけでも良いことだなって思います。他では狩りられなくても銀行カードローンなら大丈夫ってこともありそうですから。

ina99_saifuaketara1en-thumb-815xauto-15855-640x426

キャバ嬢でもお金を借りたい時は

以前、知り合いが二人ほどホストにハマってしまっていたことがありました。
趣味を通じて知り合った方ですが、趣味の場所で会うぐらいで普段から仲良しというほどでもなかったのですが話すことがよくある人たちでした。
自分よりは若く、当時はまだ大学生でしたね。大学生ぐらいでホストにハマるっていうのもなかなかものです。

ホストって初回は安くすむっていうので初回ばっかを狙って飲みに行くっていうひともいるみたいですけど、やっぱりだんだんお気に入りのお店やホストができるとお金もかかってくるみたいです。
大学生のバイトのお給料だけではすまなくなっていったようで、風の噂ではキャバクラでバイトをはじめたとききました。

さらにそのうちの一人は消費者金融かなにかでキャッシングまでしているというのも噂でききました。
その頃にはもう私は縁がほとんどなかったので噂でしたきいてませんが…20代前半でさすがにそれはヤバいんじゃないかって思ってしまいますね。お金を借りた理由がホストに貢ぐためなんて非生産的すぎて。

いまその子が何をしているかはわからないのですがまっとうに生きていればいいのですが…。
もう一人の子はちゃんと就職してるので安心です。(ホスト通いは断ち切れてないみたいですけど)

ふと思ったのですが、水商売の人って消費者金融とかでキャッシングするのって審査が難しいってききます。高収入だけど安定していないし長く続ける人も少ないから、安定性がなくて審査に不利な職業なんだそうです。
よく借りられたなーって思ったのですが、ところによっては水商売でも問題あんまりなさそうですね。
キャバ嬢が借りれるカードローンはここですよ
courage

それに、元々その子は別のバイトを長く続けていたのがよかったのもしれませんし。
遊ぶためだけにキャッシングなんて私はあんまりいい気分はしません。自分で稼いだお金で遊べばいいと思うので、キャバ嬢ならキャバ嬢でしっかり稼いでそれを貢げばいいのにな。
そうもいかない世界なんでしょうね、ホストって。

カードローンって便利そうだけど

私はいままでお金を借りるといったら消費者金融などで10万円借りたいですって申請をして、審査が通ると貸してもらえるというシステムばかりだと思っていました。
なので、カードローンっていう言葉は知っていても、それがなんなのかはよくわかっていませんでした。同じようにキャッシングできるもので、名称が違うだけなのかな?って思っていたんです。

でも、最近になって知ったのですが、、
カードローンっていうのは、例えば30万円が限度額のカードローンを申し込んで審査に通ったら、30万円内で好きな時に好きな金額を借りることができるっていうシステムなんですね。キャッシュカードのようなものを発行してもらって、それを銀行なりコンビニのATMなりで使って例えば3万円借りたかったらさっと引き出せる…。借りたい時にすぐに借りられるというのはとても便利だなぁって思いました。

もちろん借りたお金ですから返済しないといけないっていうのはわかっていますけど、キャッシングとかだと3万円とかでも申込みして審査してもらって最短即日って言ったって午後に申し込みしたらだいたい翌日になっちゃったりしますものね。カードローンならその場で借りられるって思えばやっぱり便利だなぁって思うのです。

でも、便利で手軽な反面、ついつい借りすぎて気がついたら限度額いっぱいまで借りてた!やばい返済苦しい!なんてことになりかねないなって思いました。自己管理がしっかりできなくてついつい自分のお金のように利用してしまいがちな人には向いてないんだろうなって思います。

また、カードローンは総量規制っていう法律が適合されないということで、専業主婦やアルバイトの人でも申し込めて審査が通るといいます。
これは生活費がちょっとだけ足りなくて…なんていう主婦の人にはかなりありがたいことですけど、自分に返す能力がほぼないのに借りすぎてしまったらやはり家族に迷惑をかけることにもなるから、気をつけて利用しないといけないものだなぁっていう気もしました。

3-3