ローン地獄に陥る人

ローン地獄に陥る人は返済計画がしっかりできていない人だと言われています。

特に、住宅ローンなどの長い間、何万も毎月返済していかなければいけません。自分の年齢、年収、子育ての計画、将来お互いの両親のことなど色々なことを想像して、金融機関と相談していきます。

大きな金額ですから貸す側だって慎重になります。例えば、借金をしていなくてもクレジットカードを3枚持っていると審査が厳しくなったりします。それはクレジットカードのキャッシング枠があるため、その金額分借金ができる可能性があるからです。クレジットカードを持っている数が多くなるほどキャッシング枠で借りれる金額の合計は増えますよね。なので貸す側も慎重になるのです。使っていないクレジットカードがあるなら解約してしまった方が審査に有利になる可能性もあるのです。

こうして計画をしっかり練らずに勢いだけで家を買ってしまうと後々大変になることは目に見えています。

ただ、人生は何があるかわからないものです。計画もしっかり練って、収入も安定していて、銀行からも快く住宅ローンの審査がおりて、家を建てたとしても、10年後に突然リストラされるかもしれません。病気になって働けなくなるかもしれません。そればっかりは予想ができないことです。予期せぬ出来事の全てに対応していくのは難しいでしょう。

返済できない、住宅ローン地獄に陥ってしまった…という場合でも、あちらこちらからむやみにお金を借りて返してもより地獄を見るだけです。借金がどんどん増えていきます。

慌てずに落ち着いて借りた先や法律事務所に相談したり、身内に頼ったりして立て直しをはかりことが大切ですね。本来は何かあった時に地獄を見る前に対策をたてるべきです。

収入が減ったからといって来月から返済がいっさい出来ないなんてことがないように貯蓄だってある程度はしておくのも普通ですよね。

返済できないからとカードローンやキャッシングを多様することはオススメできません…。

 

00