カードローンって便利そうだけど

私はいままでお金を借りるといったら消費者金融などで10万円借りたいですって申請をして、審査が通ると貸してもらえるというシステムばかりだと思っていました。
なので、カードローンっていう言葉は知っていても、それがなんなのかはよくわかっていませんでした。同じようにキャッシングできるもので、名称が違うだけなのかな?って思っていたんです。

でも、最近になって知ったのですが、、
カードローンっていうのは、例えば30万円が限度額のカードローンを申し込んで審査に通ったら、30万円内で好きな時に好きな金額を借りることができるっていうシステムなんですね。キャッシュカードのようなものを発行してもらって、それを銀行なりコンビニのATMなりで使って例えば3万円借りたかったらさっと引き出せる…。借りたい時にすぐに借りられるというのはとても便利だなぁって思いました。

もちろん借りたお金ですから返済しないといけないっていうのはわかっていますけど、キャッシングとかだと3万円とかでも申込みして審査してもらって最短即日って言ったって午後に申し込みしたらだいたい翌日になっちゃったりしますものね。カードローンならその場で借りられるって思えばやっぱり便利だなぁって思うのです。

でも、便利で手軽な反面、ついつい借りすぎて気がついたら限度額いっぱいまで借りてた!やばい返済苦しい!なんてことになりかねないなって思いました。自己管理がしっかりできなくてついつい自分のお金のように利用してしまいがちな人には向いてないんだろうなって思います。

また、カードローンは総量規制っていう法律が適合されないということで、専業主婦やアルバイトの人でも申し込めて審査が通るといいます。
これは生活費がちょっとだけ足りなくて…なんていう主婦の人にはかなりありがたいことですけど、自分に返す能力がほぼないのに借りすぎてしまったらやはり家族に迷惑をかけることにもなるから、気をつけて利用しないといけないものだなぁっていう気もしました。

3-3