銀行のカードローンって便利なんだ

銀行はお金に関するエキスパートだけどかしこまっていてお硬いイメージがどうしてもあります。私は世間一般の人がお金を借りるっていえば消費者金融とかクレジットカードのキャッシング枠がほとんどだと思っていました。でも、銀行でも企業とかじゃなくて普通の人でもお金借りやすいものだと最近知りました。
銀行のカードローンというものの存在と仕組みを知らなかったからです。

しかも、銀行のカードローンって学生やアルバイト、専業主婦でも借りることができて、使用用途は自由っていうものが多いというのだからびっくり。収入がなくても借りられるっていうのはスゴイですよねぇ。
銀行には住宅ローンとかマイカーローンとか、もしくは会社などが運転資金を借りるためのローン商品が多いイメージでしたけど、そうでもないんですね。

いますぐお金が必要だけど、旦那には言えないしどうしよう…。なんて時は味方になってくれます。
銀行カードローンも、最近では専用のカードを発行するのでなく、キャッシュカードに付与したりすることもあるようですね。それならカードローン用のカードを見られて旦那にバレるっていう危険性を減らせそうです。

普通に仕事をしてる人から比べたら、学生やバイト生活の人や専業主婦っていうのはそれだけで審査において不利だから、より貸りやすい銀行を見極めて申し込むって言うのは大事なのでしょう。
日常生活でお金に困ることがまったくないって人はよっぽど富裕層だけではないでしょうか。一般庶民はどこかしらでお金に困るってシーンはあるはずです。
貯蓄がないとか、お金に困るのはみっともないとか、そういうイメージってどうしても拭えないですけど、出費がすごい重なってしまったとか突然家電が壊れてとか、衝動買いしてしまったとか、借金を肩代わりをすることになったとか色々理由はあると思います。
そうした時に、お金を借りられるところがどこかというのを知っておくだけでも良いことだなって思います。他では狩りられなくても銀行カードローンなら大丈夫ってこともありそうですから。

ina99_saifuaketara1en-thumb-815xauto-15855-640x426