カードローンの利用は計画的に・・?

30代になってカードローンという言葉をよく聞くようになった気がする。いままでは自分には縁のないものだったからだ。
いまでも自分では利用したことはないのだけど、周りの知人の話であったり若い頃はよく理解していなかった親戚の話などで耳にすることが増えたように思う。また、いまはインターネットなどをしていると広告でカードローンのことがあったりする。余計にその言葉を目にする機会が増えているのだと思う。

恥ずかしながらカードローンというものがどういったものかをよく知らなかった。調べてみたのだが、カードローンは金融機関や消費者金融から発行してもらったカードを利用してATMからお金を借りることができるサービスとのこと。クレジットカードに付随しているキャッシング機能では申込みして通帳に振込してもらったりするまでの間があるが、カードローンはカードを発行してもらえれば好きなときにATMで限度額まで好きな額をその場で借り入れできるということだろう。

審査はよほど過去に事故があったり、他社に借金が多すぎたり、職が不安定とかでなければ難しいものではないそうだ。カードの発行もかなりスピーディーだという。
ただ、金利が高く分割で定額返済をするがために利息が多くなるデメリットもある。金利が高いということは長く借りていればいるだけ支払い利息も多くなるもので、最終的に借りた額よりもかなり多くの利息を払っていたというケースも少なくない。

利息を払っててでもゆっくり少しづつ返していきたい、そうでないと返せないという場合は返済している間にまたむやみに借りてしまわないようにしないと、いつまでたっても完済しないことになるので気をつけなれけばいけない。ただ、気軽にどこでも借り入れできるがために「借金」という意識が薄く、自分のお金のように使ってしまう人が多いときいた。結果、返済しきれなくて辛い思いをするのだという。

確かに便利なカードローンなのだろうが、やはり利用計画はしっかり立てていかないとダメなのだろう。

img_key_visual